用途で使い分けるユンボのレンタル術

土木工事現場で必ずといっていいほど目にするユンボは重機の中でも主役級の働きをみせる油圧ショベルの一種です。
基礎工事には欠かせない存在であるユンボは建設機械のリース会社・レンタル業者から借りる事が可能です。
その際、電話予約を入れておく方が良いと考えられます。
レンタルしたい重機のサイズや使用したい日数、輸送してほしい場合は輸送日や輸送費用の確認などを行います。
さらに、予約が済んだら一度現地に行って現物を見て確認しておいた方が確実です。
値段交渉なども口頭の方がスムーズに運びますし、実際のサイズ感は現物を見てみないと分からない事も多く、サイズ次第では値段の方も前後するからです。
車両総重量やバケット幅などで費用の差は大きくなります。
小回りのきく物を求めているなら、パワーが弱く、アームが短いため深い所を掘るのは苦手であっても小型のサイズを選んだ方が良いです。
反対にパワーのある大型サイズになると、重量があるため地面が土の場合はえぐれてしまう事もあります。

用途に合わせてサイズを選ぶ事が重要となるため、現物確認は必要だと考えられます。
リース会社・レンタル業者によって異なりますが、燃料(軽油)が満タンの状態で貸してくれる所もあれば、返却する際も燃料(軽油)を満タン状態で返す必要がある場合もあるので、事前に尋ねておくと良いでしょう。
掃除や清掃の必要についても各業者によって違います。
重機はそれぞれの作業規模によっては購入するより借りる方が安く済ませる事が出来るといったケースも多くあります。
作業期間が長い場合は中古などで購入するのも良いかもしれません。
しかし、短期間での使用ならば借りる方がずっと便利で費用も抑えられます。
重機の操作するためには特別教育(車両系建設機械運転技能講習)を受ける事になります。
教習所や技術教習所などで受ける事が可能です。
ユンボをレンタルする際、免許の提示を求められるケースがありますので忘れないよう注意しておきましょう。